50代女性がお肌で悩むことはシワ・たるみ・毛穴・シミ

50代女性のお肌の悩み

人間は誰でも年を取ります。大人になってからは年々さまざまな機能が衰え、そして変化してきます。お肌も同じです。高齢の女性のお肌で悩むことはほぼ集約されます。シワ、たるみ、しみ、毛穴です。詳細は後述しますが、シワ、たるみ、毛穴は年齢と共にコラーゲンが減少することが原因で起きます。シミは長年に渡って紫外線を浴び続けてきた結果です。

それらの原因と対策を整理してみました。まずは50代の女性が悩むシワ、たるみ、しみ、毛穴、それぞれの原因と対策を見てみましょう。それから、実際に使ってみて効いたと実感したランキングをご覧いただきます。

50代女性が悩むシワ・たるみの原因は [乾燥・コラーゲンの減少]

シワは「ちりめんジワ」と「真皮ジワ」の2つに分けることができます。乾燥でできる浅いシワを「ちりめんジワ」、コラーゲンの断裂が進んでいるシワを「真皮ジワ」と言います。
「ちりめんジワ」は乾燥でできるもので、保湿をしっかりすれば消えますが、それでも消えないものはコラーゲンの減少が原因です。加齢によるしわ対策にはコラーゲンを増やすようにケアしていくことが大事です。

・シワの原因
シワの原因=乾燥 or コラーゲンの減少
・シワの種類
シワの種類=ちりめんジワ or 真皮ジワ
ちりめんジワ=乾燥でできる浅いシワ
真皮ジワ=コラーゲンの断裂が進んでいるシワ
・シワの対策
ちりめんジワの対策:保湿をしっかりすれば消える
真皮ジワの対策:コラーゲンを増やす

1.肌の弾力を保つ3つの成分

肌の弾力に必要な3つの成分はコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸です。

・コラーゲン
肌の主要な成分で、弾力をキープする。
・エラスチン
ゴムのような弾力があり、コラーゲンをつなぐ。
・ヒアルロン酸
すき間を埋めるゼリー状の物質で、弾力もあり、水分保持力が高い。

コラーゲンとエラスチンは「線維芽細胞」でつくられています。

2.真皮ジワとは

肌の一番上にあるのが表皮、その下にあるものを真皮(しんぴ)と言います。真皮は肌の土台のようなもので、その役割は肌の弾力を保ち、真皮内の毛細血管により栄養と酸素を肌のすみずみに届けることです。

肌の構成:一番上にあるのが表皮でその下にあるのが真皮。
真皮の役割:肌の弾力を保ち、真皮内の毛細血管により栄養と酸素を肌のすみずみに届ける。
真皮が弾力を保てる理由:真皮に張りめぐらされているコラーゲンの線維をエラスチンの線維がつなぎあわせているから。
シワができる理由:真皮のコラーゲンとエラスチンが減って弾力を失い、皮膚が薄く硬くなる。顔の表情によって折りたたまれたところにシワが残る。

3.たるみの原因もシワと同じ

たるみも原因はシワと同じです。シワもたるみも肌にコラーゲンを増やすようにすることが大事です。

たるむ理由:真皮の線維が減って弾力を失い、皮膚全体が垂れ下がってくる。
ほうれい線ができる理由:頬の皮膚がたるむと、頬の位置が下がってきて口元にほうれい線ができる。

シワ・たるみのケアは [保湿]と[コラーゲン促進成分配合の化粧品]

しわもたるみも、肌にコラーゲンを増やすことが大切です。では、コラーゲンを増やすために、食べたり飲んだりは有効なのでしょうか。そして、コラーゲンを直接塗ると皮膚に浸透していくのでしょうか。

1.コラーゲンを増やすために食べたり飲んだりは有効?

答えはノー

コラーゲンを摂れば、肌のコラーゲンが増えそうな気がするが、いくらコラーゲンを摂っても、それがそのままコラーゲンになることはない。

コラーゲンなどのたんぱく質は、すべて消化されてアミノ酸になり、小腸から吸収される。たんぱく質を含め、様々な栄養素が消化吸収され、骨、筋肉、皮膚、脂肪などがつくられていく。それをコントロールしているのはホルモンなど。いくらコラーゲンを摂っても、それがまたコラーゲンになるとは限らない。

2.コラーゲンを皮膚に塗るとコラーゲンは増えるの?

答えはノー

化粧品に入っているコラーゲンは分子が大きいので、肌の奥にまで浸透しない。だから、コラーゲンを増やすということにはならないが、角層の水分を保つ作用があり、保湿成分としては有効である。

3.コラーゲンを増やす成分が配合された化粧品はシワに有効?

答えはイエス

しわ対策に最も有効な方法はコラーゲンを増やす成分の入った化粧品を取り入れること。効果が高いとされているのは、ビタミンC誘導体、ナイアシン(ビタミンB3)、レチノール(ビタミンA)など。これらはコラーゲンが作られるのを促す。

4.コラーゲンの増加を促進する成分

・ビタミンC誘導体
ビタミンCは肌に吸収されにくいので、肌に入りやすい形に変えたもの。美白作用や抗酸化作用など様々な効果をもつ。化粧水で使うのが好ましい。「リン酸アスコルビル」「パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS)」は浸透力が高くて有効。
・ナイアシン
コラーゲンの合成を高め、肌代謝を活性化し、肌にハリを与える。水溶性の成分なので、化粧水や水性タイプの美容液に配合されることが多い。
・レチノール
肌のターンオーバーを促し、コラーゲンを増やす作用がある。シミにも有効。目元の小ジワや浅いシワに特に効果的。ほうれい線や額のシワなどの深いシワには効果を期待するのは難しい。刺激が強いので肌が弱い人は要注意。

毛穴のケアは [コラーゲン促進成分配合の化粧品]と[酵素洗顔]


述べてきたように、シワとたるみの原因はコラーゲンの減少で、コラーゲンを増やすために有効なのは、コラーゲンが含まれる食べ物、飲み物を摂ったり、皮膚にコラーゲンが配合された化粧品を塗ることではなく、コラーゲンを増やす成分が配合された化粧品を使うことです。

高齢者のお肌の悩みに毛穴の目立ちもありますが、この原因は遺伝、体質の他に、シワと同様にコラーゲンの減少があります。ですから、コラーゲンの増加を促進する成分が配合された化粧品と使うことが有効な対策になります。

1.毛穴対策にも有効なビタミンC誘導体とレチノール

毛穴には詰まり毛穴、たるみ毛穴があり、両者に有効なのがビタミンC誘導体、たるみ毛穴に有効といわれているのがレチノールです。

毛穴=詰まり毛穴・たるみ毛穴

毛穴目立ちに有効な成分=ビタミンC誘導体・レチノール

ビタミンC誘導体:詰まり毛穴とたるみ毛穴に有効
レチノール:たるみ毛穴


ビタミンC誘導体にはコラーゲンを増やす作用があるので、肌の内側からハリが出て、毛穴の開きを防ぐ効果が期待できます。それから、ビタミンC誘導体が配合された化粧品には、皮脂の分泌を抑える作用があって、毛穴の詰まりの予防になります。

成分表示に「リン酸アスコルビル」または「パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS)」と書いてある化粧品でケアしましょう。

・ビタミンC誘導体の重要な成分
リン酸アスコルビル
パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS)

たるみ毛穴は真皮のコラーゲンの減少などによって弾力が失われるために起こります。レチノールはたるみ毛穴に対して有効性が高いと言われています。レチノール配合の化粧品を使うことで、予防にもなります。

2.酵素洗顔も有効

黒いボツボツは皮脂と角質のたんぱく質がまざったものです。皮脂は洗顔でおとし、角質たんぱく質は角質たんぱく質を分解する酵素で取ります。

黒いボツボツ=皮脂+角質のたんぱく質

皮脂は洗顔で落とす
角質たんぱく質は酵素で取る

酵素の働き:角質たんぱく質を分解する・肌を柔らかくする

酵素は角質たんぱく質を分解し、肌を柔らかくする効果もあります。酵素は温度が低いと働かないため、ぬるま湯でしっかり泡立ててから使います。洗浄力があるので、こすらないようにして洗い、肌が弱い人は週に1~2度に留めます。

50代女性が悩むシミの原因は [日焼け・ホルモン・ニキビ跡]

1.シミができる流れ

1.メラニンをつくる指令が出される
紫外線が肌に当たるとメラノサイトの起動スイッチが入る。
2.メラニンがつくられ始める
メラノサイトの酸化酵素が働き、メラニン色素へ変えてしまう。
3.表皮細胞へ送り込まれる
メラニン色素が表皮細胞へ送り込まれ、ターンオーバーと共に各層へと上がっていく。
4.シミになる
メラニン色素がつくられ続けると、シミとなって残ってしまう。

高齢者は長い間、紫外線を浴び続けます。すると、シミの元であるメラニン色素が増え、それに伴いシミも増えてきます。

2.シミには老人性色素斑、肝斑、炎症性色素沈着がある

シミにはいくつかの種類がありますが、ここでは3つ取り上げます。1つは日焼けの積み重ねによってできる「老人性色素斑」です。2つ目は女性ホルモンの乱れが影響してできる「肝斑」です。3つ目はニキビなどで炎症を起こし、その跡がシミになった「炎症性色素沈着」です。

老人性色素斑
紫外線による肌ダメージが少しずつ蓄積してシミとなって現れてくる。頬骨の高い位置からでき始めることが多く、丸い色素斑であることが多い。出来始めは薄い茶色をしているが、しだいに濃くハッキリとしてくる。
肝斑
頬骨を中心に左右対称にできることが多く、絵の具を太いハケでサッと塗ったような感じ。薄い茶色、もしくは灰色で、ホルモンのバランスが乱れてくる30~40代の女性、妊娠中やピルを服用中の人、更年期の人によく見られる。
炎症性色素沈着
ニキビ、傷、虫さされなどで肌に炎症を起こし、その跡がシミになったもの。頬からあごにできるニキビはとくに炎症性色素沈着を起こしやすく、ニキビの上から日焼けするとさらに沈着する。このシミは炎症の原因を取り除けば何年かかけて消えていくものが多い。美白化粧品も効果的。

シミのケアは[紫外線対策]と[美白成分入りの医薬部外品]

1.紫外線対策

紫外線はメラニンの生産を過剰にします。そして活性酸素を増やして細胞の老化を早め、真皮に侵入してコラーゲンを破壊したりもします。

2.化粧品の選び方

化粧品を選ぶとき、迷ってしまう人は「医薬部外品」を選ぶのも一つの方法です。医薬部外品とは医薬品と化粧品の中間に位置するもので、ある種の効能を持つ成分を配合するなどの基準を満たしたものが医薬部外品として認可されます。

美白成分は人によって相性があります。どの成分が特によく効くなどは一概には言えません。自分に合うかどうかは自分の肌で試して選ぶのがベストです。

3.医薬部外品に使われている美白成分

医薬部外品に使われている美白成分を列記します。

・ビタミンC誘導体
・アルブチン
・コウジ酸
・エラグ酸
・ルシノール
・リノール酸
・カモミラET
・m-トラネキサム酸
・4MSK(4-メトキシサリチル酸カリウム塩)
・エナジーシグナルAMP
・マグノリナン
・プラセンタエキス
・D-メラノ
・ロドデノール
・TXC

上記以外の美白成分としては、「油溶性甘草エキス(グラブリジン)、「ハイドロキノン」があります。

4.美白成分はシミに有効か?

上記の美白成分は果たしてシミに有効なのでしょうか。

老人性色素斑」はごく初期の場合は美白化粧品が効果を発揮します。ただし、定着してしまったものは、美白化粧品では消えません。

肝斑」は美白化粧品でのケアは有効です。美容皮膚科では、「アルブチン」「油溶性甘草エキス」「コウジ酸」「ハイドロキノン」などの成分がよく用いられています。

炎症性色素沈着」にはピーリングが即効性がありますが、まずは美白化粧品で試しましょう。

・ピーリング
酸などを使って、古くなった角質を取り除き、肌の再生を促す方法。市販されているものも多く、皮膚科で処方されるものより濃度が低いので、さほど危険はないが、肌にやさしい洗い流すタイプのものを選ぶと良い。

まとめ

シワ、たるみ、毛穴目立ち、シミの「原因とケア」のポイントをまとめます。

・シワの原因とケア
シワの原因は乾燥とコラーゲンの減少
シワのケアは保湿とコラーゲンを促進する成分配合の化粧品
・たるみの原因とケア
たるみの原因はコラーゲンの減少
たるみのケアはコラーゲンを促進する成分配合の化粧品
・毛穴目立ちの原因とケア
毛穴目立ちの原因は遺伝、体質とコラーゲンの減少
毛穴目立ちのケアはコラーゲンを促進する成分配合の化粧品と酵素洗顔
・シミの原因とケア
シミの原因は紫外線、ホルモンバランスの乱れ、更年期
シミのケアは相性の良い美白成分配合の美白化粧品

 

 

タイトルとURLをコピーしました